嫌儲まとめ

5chのニュース速報(嫌儲)をまとめてます 当ブログはノンアフィリエイトです

    ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    コメント( 216 )
    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 2021/04/21(水) 20:35:38.38 ID:Idsvow8td BE:668024367-2BP(1500)
    国際的なジャーナリストの団体「国境なき記者団」は各国の報道の自由度に関することしの報告書を発表し、
    この中で日本は「記者が権力監視の役割を十分果たすことが困難だ」として去年から順位を1つ下げて67位でした。

    フランスのパリに拠点を置く「国境なき記者団」は、世界の報道の自由度に関する分析を毎年発表していて、
    20日、世界180の国と地域について、ことしの報告書を発表しました。

    それによりますと、1位は5年連続でノルウェーで、フィンランドやスウェーデンなど北欧の国が4位までを占めました。

    日本は去年から順位を1つ下げて67位で、G7=主要7か国の中では最下位となっているほか、42位の韓国や43位の台湾を下回っています。

    報告書では、日本について「慣習や経済的利益に阻まれて記者が権力監視機関としての役割を十分に果たすことが困難になっている」などと指摘しました。

    また、政府に批判的な記者などがSNS上で攻撃されているとしたほか「去年9月に就任した菅総理大臣は報道の自由をめぐる
    環境の改善に何も取り組んでいない」と評しています。

    このほか、中国は去年と変わらず177位、ミャンマーは2月のクーデター以降、報道関係者の相次ぐ拘束などで「10年前に戻った」として、
    1つ順位を下げ140位でした。

    また報告書では、各地で新型コロナウイルスの感染拡大を理由とした情報遮断や取材妨害があるとして警鐘を鳴らしています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210421/k10012988411000.html
    no title

    引用元: ・報道の自由度ランキング、ジャップは先進国で最低の67位www [668024367]

    【【悲報】報道の自由度ランキング、日本はG7で最低の67位】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    コメント( 99 )
    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 2021/04/13(火) 20:38:30.48 ID:buCnb4XWd BE:668024367-2BP(1500)
    英紙ガーディアン(電子版)が12日付の社説で東京五輪の中止を訴えた。

    「五輪開催を進める必要があるのか」と見出しを打ち、「新型コロナウイルスが再び勢いを増し、
    ホスト国の日本でも開催に大多数の人が反対している中、五輪の開幕が近づいている。
    通常ならチケット販売の遅れやスタジアムの未完成が懸念事項になるが、(パンデミックで)今回の不安はそれを遥かに超えている」と指摘した。

    「日本のワクチン接種プログラムはほとんど軌道に乗っていない。また、国際的にも見通しは暗い。
    ブラジルでは一日で4000人が亡くなり、インドは先週の水曜日に一日の新規感染者が12万5000人に達した。
    海外の観光客は入国を認められないが、何万人ものアスリートや大会関係者、メディアが日本の首都に押し寄せる」とし、五輪開催は非常にリスクが高いと伝えた。

    さらに「五輪を中止することは、アスリートにとって一生に一度の五輪出場や勝利のチャンスが失われることになる。
    彼らにとって壊滅的な打撃だ。世界中のファンも失望するだろう」としながらも、「失われる可能性のある命がある」と主張。

    「五輪中止は失望と経済的損失につながる。だが、日本とIOC(国際オリンピック委員会)は五輪開催を正当化できるかどうか自問する必要がある。
    五輪はパンデミックを悪化させる可能性があり、そのリスクを検討する必要がある」と訴えた。
    https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/04/13/kiji/20210413s00048000404000c.html#:~:text=%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3


    東京五輪は「最悪のタイミング、一大感染イベント」 NYタイムズ
    毎日新聞 2021/4/13 10:49(最終更新 4/13 10:50)
    https://mainichi.jp/articles/20210413/k00/00m/050/054000c
    no title

    引用元: ・米英「東京五輪…中止しよっか?ワクチン接種プログラムもほとんど軌道に乗ってないしもう無理でしょ」 [668024367]

    【米英「東京五輪…中止しよっか?ワクチン接種プログラムもほとんど軌道に乗ってないしもう無理でしょ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    コメント( 63 )
    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 2021/04/05(月) 23:01:18.61 ID:r2ziguni0 BE:256556981-2BP(1000)
    福島第1原発に中身不明のコンテナ4000基 放射線管理区域内

     東京電力は5日、福島第1原発の放射線管理区域内に設置されている放射性廃棄物入りのコンテナ約8万5000基のうち、約4000基の中身が把握できていないと発表した。東電は調査計画を策定し、内容物の確認を進めるとしている。

     東電によると、事故後、コンテナの内容物をリスト化し始めたが、約4000基は未確認のままだという。
     第1原発では今年3月、廃棄物保管エリアにあったコンテナの下部の腐食による内容物の漏えいを確認。福島県が現場確認したところ、東電が存在を把握していなかったコンテナ4基も見つかった。コンテナ表面の放射線量は最大毎時1・5ミリシーベルトだった。
    https://mainichi.jp/articles/20210405/k00/00m/040/227000c
    no title

    引用元: ・福島第1原発に中身不明のコンテナ4000基出現 [256556981]

    【福島第1原発に"中身不明"のコンテナ4000基出現】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    コメント( 68 )
    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 2021/04/02(金) 14:51:00.57 ID:vIwXXGx40● BE:729256658-2BP(2000)
    https://bunshun.jp/articles/-/44573?page=1
     記事は、演出家のMIKIKO氏が開会式責任者から排除されていく過程で、葬り去られてしまった開会式案などを報じています。侮辱演出案や政治家の“口利き”など不適切な運営が行われ、巨額の税金が浪費された疑いがある開会式の内情を報じることには高い公共性、公益性があります。著作権法違反や業務妨害にあたるものでないことは明らかです。小誌に対して、極めて異例の「雑誌の発売中止、回収」を求める組織委員会の姿勢は、税金が投入されている公共性の高い組織のあり方として、異常なものと考えています。小誌は、こうした不当な要求に応じることなく、今後も取材、報道を続けていきます。
    no title

    引用元: ・【速報】文春「税金アホみたいに投入しといて委員会は何抜かしとんじゃ😡今後も取材続けるからな!」反論コメント発表 [729256658]

    【文春「税金アホみたいに投入しといて委員会は何抜かしとんじゃ😡今後も取材続けるからな!」反論コメント発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    コメント( 33 )
    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 2021/04/01(木) 20:58:58.49 ID:4pv2Z8sK0● BE:729256658-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/001.gif
    開閉会式報道の文春に組織委が厳重抗議 雑誌回収要求、内部調査で法的措置も


    https://news.yahoo.co.jp/articles/f7a192bde3b7fb3349b6b9d9ea471e66f2f0efdc
    東京五輪・パラリンピック組織委員会は1日、3月31日の文春オンラインと1日発売の週刊文春が東京大会の開閉会式の内容を報じたことについて、株式会社文藝春秋に対し、書面で厳重な抗議を行ったと発表した。内部資料を掲載して販売することは著作権の侵害にあたるとして、雑誌の回収やオンライン記事の全面削除、資料の破棄などを求め、警察に相談して徹底的な内部調査を行うことも明かした。

    引用元: ・【悲報】五輪委、文春にブチギレ😨回収要求に加え資料の破棄も要求。徹底的な内部調査も始める模様 [729256658]

    【【悲報】五輪組織委、文春にブチギレ😨雑誌回収要求に加え資料の破棄も要求。徹底的な内部調査も始める模様】の続きを読む

    このページのトップヘ