嫌儲まとめ

5chのニュース速報(嫌儲)をまとめてます 当ブログはノンアフィリエイトです

    原発

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    コメント( 62 )
    RTR2Z6RL-e1520848947556





    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 2021/03/07(日) 09:50:07.09 ID:hyHX1JAd0 BE:256556981-2BP(1000)
    sssp://img.5ch.net/ico/purin2.gif
    政官業「原発復権」合唱 脱炭素のため?新増設の芽残す

     東日本大震災に伴う東京電力福島第一原発事故から10年を迎える今年、政府は国のエネルギー政策の方向性を決める「エネルギー基本計画(エネ基)」を改定する。未曽有の事故を目の当たりにした当時、多くの国民が日本のエネルギー政策のあり方を真剣に考えさせられた。あれから10年。脱炭素という大方針が打ち出され、改めて国民的な議論が必要ないま、政策決定の現場では、変わらぬ光景が繰り返されている。

     エネ基の改定を検討する経済産業省の審議会。議論が本格化した昨年末の会合は、「原発復権」を求める委員の大合唱となった。
     「(原発の)新増設の準備を始めるべきだ」と、元経産官僚の豊田正和・日本エネルギー経済研究所理事長が口火を切ると、「新規建設を正当に評価すべきだ」(原子力工学が専門の東大大学院の山口彰教授)、「小型炉など新しい原発は安全性や信頼性がいいという整理を」(NTTの澤田純社長)と、原発の新増設を求める声が相次いだ。

     もともと原発推進派の委員が目立つ審議会だが、菅義偉首相が昨秋、2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにすると表明したことで、その勢いが一気に増している。
     11年3月の原発事故前まで、発電時に二酸化炭素を出さない原発は脱炭素化の最大の「切り札」とされていた。事故前の民主党政権は、30年までに少なくとも14基以上の原発を新増設する計画を掲げ、「原子力ルネサンス」と呼ばれたほどだった。

     それが原発事故で一転、国内の原発は軒並み停止。新増設どころか廃炉を決める原発が相次ぎ、いまや国内の総発電量に占める原発の比率は約6%(19年度)に過ぎない。
     その事故から10年。政府の脱炭素宣言をてこに、国内で原発復権をめざす動きが強まっているのだ。
     「震災10年の節目で、原子力をもう一度立て直す必要がある」(閣僚経験者)
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASP3673KDP36ULFA007.html?iref=sp_new_news_list_n

    引用元: ・政府「脱炭素なら原発しかない!原発!原発!」 [256556981]

    【政府「脱炭素なら原発しかない!原発!原発!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    コメント( 47 )
    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 2021/02/23(火) 20:44:25.15 ● BE:873472195-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida2.gif
    地震影響 福島第一原発 原子炉の格納容器 水位低下傾向続く
    東京電力は2月13日の地震の福島第一原子力発電所への影響を22日まとめ、原子炉を収めた格納容器の水位の低下傾向が続いているとしました。原子力規制委員会は注水は継続していて安全上の問題は現状ないとしたうえで監視の強化を求めました。

    福島第一原発では▼溶け落ちた核燃料を冷却するため注水をしていますが、1号機と3号機の格納容器の水位がいずれも数十センチほど下がり、その後も低下傾向にあるということです。

    ▼また、水素爆発を防ぐため格納容器には窒素が注入され圧力が高くなっていますが1号機では大気圧との差を計測する圧力計の値が1.2キロパスカルから0.1キロパスカルまで下がりほぼ大気圧になっているということです。

    東京電力は地震の揺れで10年前にできた損傷が広がり、水位と圧力が低下した可能性があるとして、監視を継続するとしています。

    ▼このほか、汚染水を処理したあとの水を保管するタンク6基が地震で最大5センチずれていたこともわかりました。

    ずれは設計の想定内ということで、水漏れは発生していないということです。

    地震後、モニタリングポストの値に変化は見られず、外部への放射性物質の漏れは認められないとしています。

    報告を受けた原子力規制委員会は核燃料の冷却や窒素注入は継続され、現状で安全上の問題はないとしたうえで監視の強化を東京電力に求めました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210223/k10012881251000.html
    no title

    引用元: ・福島第一 原子炉圧力 大気圧まで低下 ★4 [873472195]

    【福島第一 原子炉圧力 大気圧まで低下】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    コメント( 41 )
    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 2021/02/22(月) 21:58:47.10 ID:6iPVBXxh0● BE:729256658-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    no title

    引用元: ・【朗報】東電「福島の損傷箇所から何やら気体が漏れてるんや🤔でも今の所大丈夫やで🤓」よかった… [729256658]

    【【福島第一】東電「格納容器から気体が漏れて圧力低下してるけどヨシ!」よかった…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    コメント( 42 )
    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 2021/02/19(金) 20:43:12.93 ID:0Fgc0igja BE:399259198-2BP(1000)
    sssp://img.5ch.net/ico/iyahoo.gif
    福島第1原発1、3号機格納容器の水位低下 13日の地震の影響か

    東京電力は19日、福島第1原発1号機と3号機で格納容器内の水位が数十センチ低下したと発表した。水位低下は1日数センチ程度のペースで続いているという。
    原子炉への注水や、溶け落ちた核燃料(デブリ)の冷却は維持されており、東電は外部への放射能の影響はないとしている。13日に最大震度6強を記録した福島県沖地震の影響の可能性があるとみて調べている。

    同原発では、格納容器底部にあるデブリを冷却するため、毎時3トンの注水が継続されている。格納容器の損傷箇所から原子炉建屋に水が漏れているが、1号機では底部から約1.9メートル、3号機では約6.3メートルの水位が保たれていた。
    東電によると、18日午後11時ごろ、運転員が1号機の水位低下を確認。1号機で40~70センチ、3号機で約30センチ低下したとみられる。

    過去のデータを調べたところ、1号機は15日ごろから、3号機は14日ごろから水位の低下傾向が始まったとみられることが分かった。
    東電は水位の低下幅について、昨年実施した注水停止の試験で低下した量と変わらないと説明。水位の監視を継続しながら、必要に応じて注水量を増やすなどの対策を取るとしている。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2021021901167
    no title

    引用元: ・東京電力 「どんどん冷却水無くなってるけど大丈夫です!」 [399259198]

    【【福島第一原発】東電 「冷却水減ってるけどヨシ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    コメント( 36 )
    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です 2021/01/28(木) 08:20:44.77 ID:otO+1ilw0 BE:419054184-2BP(1000)
    sssp://img.5ch.net/ico/tarako2.gif
    原子力規制委員会は27日の定例会合で、東京電力福島第1原発事故を分析する検討会がまとめた報告書案を了承、
    一般からの意見募集を行うことを決めた。

    1~3号機の原子炉格納容器上ぶたに大量の放射性物質が付着していると指摘し、廃炉作業で慎重な対処を求める内容。
    3月中に正式に取りまとめる。

    報告書案は、事故当時の1~3号機にあった放射性セシウム計約70京ベクレルの10分の1程度が上ぶたに残留していると評価。
    上ぶたは鉄筋コンクリート製の3層構造で、いずれも上から1枚目と2枚目の間に、セシウムが付着している可能性があるとした。

    https://www.tokyo-np.co.jp/article/82380
    no title

    引用元: ・【東京電力】格納容器に大量の放射性物質が付着しており廃炉作業は非常に困難 国民からの意見募集を決定 「どうしたらいいの?」 [419054184]

    【【東電】格納容器に大量の放射性物質が付着しており廃炉作業は非常に困難 国民からの意見募集 「どうしたらいいの?」】の続きを読む

    このページのトップヘ